ページの先頭です

ごみ収集業務について

[2016年12月16日]

ID:21

平成28年度ごみ収集カレンダー

  • 収集日の朝8時までに出しましょう
  • 必ず、町指定専用袋で氏名を記入してください。

燃えるごみ(赤) ダンボール・新聞・雑誌・飲用紙パック・その他紙製容器(茶) 空缶・金属類(黄) ペットボトル・白色トレー・その他プラスチック(緑) ガラス・陶器・ビン類(水色) 粗大ゴミ(紫)

ごみ減量および分別について

池田町から排出されるごみの量について

池田町の燃えるごみの排出量は年々減少の傾向にはありますが、穂高広域施設組合に所属する市町村の中で、住民一人あたりの燃えるごみの排出量は依然トップで、その処理のために年間約7千万円もの費用がかかっています。

年度別燃えるごみ重量
平成19年平成20年平成21年平成22年平成23年平成24年平成25年平成26年 平成27年
1,536トン1,496トン1,461トン1,456トン1,468トン1,463トン1,438トン1,405トン 1,435トン
前年度比前年度比前年度比前年度比前年度比前年度比前年度比前年度比 前年度比
△70トン△16トン△40トン△35トン△5トン12トン△25トン△33トン 30トン
平成27年度穂高広域施設組合加入市町村別年間一人あたりのごみ排出量
麻績村筑北村松川村生坂村安曇野市池田町
106.3キログラム127.55キログラム129.93キログラム135.36キログラム135.96キログラム140.53キログラム

リサイクルできる物(資源物)を燃えるごみの中に入れないようにしましょう。

町内のごみステーションより燃えるごみの袋を無作為に10袋回収し調べたところ、紙やプラスチック類が53%、生ごみが26%、選定した木の枝などが17%、その他の物が4%という割合で、燃えるごみの中に資源物である紙類やプラスチック類が多く含まれている事がわかりました。

燃えるごみはまだまだ減らせます

リサイクルできる (1)紙類 (2)プラスチック類 を正しく分別し、(3)たくさんの水分を含む生ごみ (4)剪定枝 を減らすことが、燃えるごみの減量・コスト(処理費用)削減につながります。

 (1)紙ごみを減らすため、雑がみを分別してリサイクルしましょう。
 (2)プラマーク、紙マークの付いたものは分別して出しましょう。
 (3)生ごみは水切りを十分してから出す、または生ごみ処理機やコンポストも有効に活用しましょう。
 (4)剪定枝は粗大ごみ回収日と同日に行うチップ化事業を利用しましょう。

雑がみの分別について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

生ごみ処理機設置事業補助金について

  • 家庭から出る燃えるごみの約30%が生ごみです。この生ごみの減量化に役立つのが生ごみ処理機です。町では、生ごみを減らすために生ごみ処理機を購入する世帯に補助金を交付しています。生ごみ処理機の普及促進を図るため、25年4月から補助金の補助率と限度額を引き上げました。(以前は4万円以上のものが対象で補助率は4分の1以内、限度額は2万円でした)
  • 生ごみ処理機を購入した際、1万円を超える物は1世帯当たり1台まで購入金額の2分の1以内で補助金を交付します。(上限金額は3万円)1万円以下の物は1世帯当たり2台まで購入金額の2分の1以内の補助金を交付します。
  • 事前に申請が必要となります。必ず購入前に問い合わせてください。

補助金の申請、請求に必要なもの

(1)印鑑

(2)購入する生ごみ処理機機能やメーカー名のわかるもの(カタログなど)

(3)生ごみ処理機購入時の領収書(購入者の氏名、購入した機種、個数、金額の明記された物)

資源ごみについて

現在回収資源ごみのうち、段ボール、新聞、雑誌、アルミ缶、ペットボトル、紙パック、古着、スチール缶は有償として町にお金が入りますので、分別をして指定の日に出してください。

リサイクルごみの現状

次のホームページから池田町のリサイクルゴミの量とリサイクル先を検索できます。

「池田町」を検索しご利用ください。

財団法人日本容器リサイクル協会ホームページhttp://www.jcpra.or.jp/special/mytown/index.html(別ウインドウで開く)

収集できないごみ

  • 出し方が守られていない物
  • 一般住民生活に関係しないもの(事業系のもの)
  • 収集処理に危険な物(ガスボンベ・バッテリー・農薬等)
  • インシュリン等の注射針(受けとった病院・薬局・医院に返す)

粗大ごみ回収

  • 年2回、6月と12月に実施されます。
  • 会場は役場駐車場と多目的研修センター駐車場の2か所です。
  • 実施時間は午前8時30分から11時までです(予定)
  • 回収品は粗大ゴミ、灰、乾電池、家電リサイクル対象品などです。
    ※日程および回収品目や料金などの詳しい情報につきましては、事前に各戸配布を行うチラシをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) town ikeda All Rights Reserved.